菊地凛子&小松菜奈が母娘役!綿矢りさ原作初連続ドラマ化でダブル主演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
連続ドラマWで母娘を演じる小松菜奈と菊地凛子

 女優の菊地凛子小松菜奈が、芥川賞作家・綿矢りさの小説を初めて連続ドラマ化する「連続ドラマW 夢を与える」でダブル主演を務めることがわかった。劇中で母娘を演じる二人は、お互いの印象について「真っ直ぐな、お人形のような瞳が印象的で、とても集中力のある方です」(菊地)、「最初のイメージは、サバサバした人だろうなぁ~と思っていました。お会いしてお話すると、とても気さくで、サバサバとした所もありつつお茶目な可愛い方です」(小松)と語っている。

 本作は、芸能界で成功を手にした少女・夕子(小松)と、彼女に過剰な思い入れを持つ母親・幹子(菊地)が織りなすスキャンダラスな人間ドラマ。母親や芸能プロダクション、広告代理店など、周囲の欲望が絡んだスキャンダルに巻き込まれながらも、強く成長していく夕子の姿を、『のぼうの城』などの犬童一心監督が繊細に描き出す。

 昨年、映画『渇き。』で鮮烈な映画デビューを果たした小松は、成功を手にしながら、やがて落ちていく夕子について「信じていた人達にどんどん裏切られていく中、夕子は最後まで1人で戦ってかっこいいなとも思いました」と共感。劇中では、14歳から18歳までの夕子の成長を演じるといい、「周りの環境や、感情的にも微妙なものを抱えている年頃の子を、どう私なりに演じていくか、自分でも楽しみです」と意気込む。

[PR]

 一方、「大きな子がいる母親役は今回初めて」という菊地は、ハリウッド大作『パシフィック・リム』への出演など、文字通り「夢を与える」立場にありながら、「夢を与えるとは一体何なのか…」とコメント。ドラマについて「虚構の世界の中だけで、鈍く響く言葉のように感じ、また主人公がそれに翻弄されていくというのは、大変に見応えのある作品になるのではないかと思いました」と期待を掛けている。

 そのほか本作には、太田信吾永岡佑陰山泰真剣佑濱田龍臣谷花音田中泯夏帆浅野和之オダギリジョーが出演。原作者の綿矢は、小説のテーマが「起きたまま見る悪夢」だったと明かし、「ドラマでは生身の人たちが演じて下さることで、悪夢では終わらないリアルさが生まれると思います。逆境にあってこそ発揮される、人間本来の強さに触れられるのでは」と語っている。(編集部・入倉功一)

「連続ドラマW 夢を与える」はWOWOWプライムにて5月放送予定(毎週土曜 22:00~)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]