「ブレイキング・バッド」スピンオフに死んだあの人が登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
極秘の再出演!トゥコ役のレイモンド・クルツ - Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images

 テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のスピンオフドラマ「ベター・コール・ソウル(原題) / Better Call Saul」に、出演が全く取り上げられていなかったキャラクターが登場し、ファンを喜ばせたという。

 第1エピソードと第2エピソードに登場したのは、レイモンド・クルツ演じるトゥコ・サラマンカ。「ブレイキング・バッド」で見せた冷酷非道なトゥコになる前で、悪人ぶりは変わらないものの、理性に耳を傾ける余裕がある人物として描かれている。

 レイモンドがPeopleに語ったところによると、スピンオフへの登場は極秘だったとのこと。ロケ地にいることを知られないようホテルには偽名で泊まり、撮影現場に入るときも大きな傘で身を隠していたそう。唯一出演することを話した妻には口外禁止と念を押したところ、不満な顔をされたという。

 第1シーズンでの再登場はないらしいが、今後、声が掛かれば乗り気だそうだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]