リーアム・ニーソンが追われるマフィアに!『エスター』監督と3度目のタッグ作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
御年62歳のリーアムがまたアクションに挑む! - 映画『ラン・オールナイト』 - (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 リーアム・ニーソンが、『エスター』のジャウマ・コレット=セラ監督と『アンノウン』『フライト・ゲーム』に続き3度目のタッグを組んだ映画『ラン・オールナイト』の日本公開が5月16日に決定した。本作でリーアムはマフィアの殺し屋を演じている。

 仕事のため家族からも疎まれている主人公のジミー・コンロン(リーアム)は、ある日息子のマイクを助けるため、マイクの命を狙っていた犯人を殺してしまう。しかしその相手は、ジミーの長年の親友でマフィアのボス、ショーンの息子だった。「お前とお前の息子を殺す」と復讐(ふくしゅう)に燃えるショーンはジミーを探し、マフィア、買収した警察、すご腕の暗殺者を送り込む。ニューヨーク中のターゲットとなったジミーとマイクは、この状況を打開すべく“一晩の逃走劇”を繰り広げることになる。

 マイク役で『ロボコップ』のジョエル・キナマン、ギャングのボス・ショーン役で『トゥルーマン・ショー』のエド・ハリスが出演。またジミーを30年間追い続けている刑事に『ジャッジ 裁かれる判事』のビンセント・ドノフリオがふんする。脚本は映画『ファーナス/訣別の朝』のブラッド・イングルスビーが担当している。

映画『ラン・オールナイト』は5月16日より全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]