広田レオナ監督&吹越満が夫婦で登壇 “双子の兄弟みたい”と仲の良いところを披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『お江戸のキャンディー』の公開初日舞台あいさつがおこなわれ監督・キャスト陣が集結した

 美麗男子たちが繰り広げるラブストーリー、映画『お江戸のキャンディー』の公開初日舞台あいさつが28日、東京・池袋シネマ・ロサであり、W主演の真山明大高橋ひろ無、監督を務めた女優・広田レオナと、キャストの橋本淳南羽翔平渡辺潤村上昂史、吹越満が出席。広田監督は、プライベートでは夫の吹越に「まだまだひよっ子って、今まで褒めたことがなかったけど、今回はちゃんとした俳優さんだぁ、素晴らしいわと思いました」と賛辞を送ると、吹越も「そんな人前で。まずいって」と少しおどけて、客席を沸かせた。

広田レオナ監督&吹越満が夫婦で登壇 “双子の兄弟みたい” 画像ギャラリー

 広田の監督2作目の本作は、男だらけの“花のEDOワンダーランド”で随一の美貌をもつ男花魁(おいらん)・白鳥太夫(真山)と、若衆茶屋ナンバーワンのワイルド系・フリ松(高橋)の命を懸けた恋を描くボーイズラブストーリー。

[PR]

 こだわりのシーンを聞かれた広田監督は「白鳥とフリ松が出会うシーンは、この世で見たこともないくらい美しい風景にしたくて、撮影場所を探しまくったんですが、現場に行ったら熊が出て、危険なロケになりました」と笑顔で述懐。すると高橋も「あのシーンは基本、裸だったから余計に危険で。現場で遠足に来ていた小学生たちとすれ違って、先導の先生に見て見ぬふりをされました」と、苦労話を明かす。

 「監督に“彼女”と呼ばれて、現場では女性としていられた。自分のなかにない一面が出て、(高橋との)キスシーンもすんなりできたし、ちょっと間違えたら怖いなと思いました」という真山。これに高橋は「一度くちびるを許すと変わるというけど、キスシーンのあと、真山くんはぼくに対する接し方が変わった。そういうところも女性的だよね」と、危険な関係は物語の外でも続いているかのよう。

 最後に、吹越は「ぼくと監督は夫婦だとみんな知ってるから、こんなことは言いたくないですけど、低予算で時間もお金もないなか、これだけの画が撮れたというところを観てください。夫婦じゃなく、ぼくは(広田を)双子のお兄さんみたいに思っているけど、本作は“平成のおんな鈴木清順”の誕生と思います」と、出来映えに胸を張っていた。(取材/岸田智)

映画『お江戸のキャンディー』は池袋シネマ・ロサで公開 その後全国で順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]