『シンデレラ』高畑充希&城田優のラブソングが初公開!男女デュエットは世界で日本のみ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「夢はひそかに」のデュエットバージョンは日本だけ! - (C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー実写映画『シンデレラ』で、吹き替え声優を務めている高畑充希(シンデレラ役)と城田優(王子役)が、アニメ『シンデレラ』(1950)時代から愛され続けてきた楽曲「夢はひそかに」をアレンジした日本版エンドソング「夢はひそかに (Duet version)」を歌っていることが明らかになった。さらに同作を上映する世界各国の中で、シンデレラ役と王子役がデュエットして歌うのは、日本のみという異例の待遇が取られていることがわかった。

映画『シンデレラ』日本版エンドソング「夢はひそかに (Duet version)」

 併せて公開された映像では、みつきとして歌手活動も行っている高畑と「ファントム」などのミュージカル作品に出演している城田がその実力を十分に発揮。また二人は、「ファンタジックで美しいメロディーを、男性の声と女性の声でときめくハーモニーにしたいです。世界で唯一のデュエットなので、日本のバージョンいいね! と世界に言ってもらえるようなふたりのハーモニーを届けたいです! ぜひ皆さんも歌ってください!」と世界へのアピールに意気込んでいる。

[PR]

 ワルツのメロディーに合わせた日本語歌詞では、「つらいことがあっても勇気を持って信じていれば愛する人に出会える」というシンデレラの前向きで純粋な心情と、愛する人を一途に思う王子の優しさを表現。また「愛を信じてる」という運命の人を待ち焦がれる二人を重ねた、デュエットならではのフレーズもちりばめられており、シンデレラの世界観を見事に表したラブソングに仕上がっている。

 ディズニー映画『アナと雪の女王』の劇中歌「Let It Go」を、それぞれ世界25か国で比較した動画が公開された際には、同曲を歌った松たか子の美声が世界中で話題となった。今回の日本特別バージョンの「夢はひそかに (Duet version)」も世界を魅了することができるか注目したい。(編集部・井本早紀)

映画『シンデレラ』は4月25日全国公開 短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』と同時上映

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]