ケイト・ブランシェット、養女を迎える 4人の子供の母に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第4子となる養女を迎えたケイト・ブランシェット

 映画『シンデレラ』のケイト・ブランシェットが、第4子となる養女を迎えたことを発表した。

【動画】ケイト・ブランシェットが意地悪な継母に!『シンデレラ』予告編

 ケイトと夫アンドリュー・アプトンには3人の息子、6歳のイグナチウスくん、10歳のローマンくん、13歳のダシエルくんがいる。ケイトは先週、シドニーで息子たちを学校に迎えに行った際、新生児を抱いていたことから家族が増えたのではとうわさされていた。

[PR]

 彼女のスポークスマンは3月6日(現地時間)に、「アプトン家は女の子を養子に迎えました。それ以上の詳細は発表しません」と発表したが、メディアは赤ちゃんの名前がイーディス・ヴィヴィアン・パトリシア・アプトンであることを突き止めたようだ。

 ケイトは以前から家族を増やしたいとインタビューでコメント。「もっと子供は欲しいわ。いつとは言えないけど。でも、今いる子供たちも計画をしていたわけじゃなく、突然できたのよ。だから、こういうことは一生懸命計画しても仕方がないの。家族が増えることになったら、それは最高だわ」と語っていた。

 ケイトは劇作家で舞台監督のアンドリューと1997年に結婚。長い結婚生活の秘訣(ひけつ)について聞かれたアンドリューは、相手の感情を理解することが何よりも大事だとコメントしている。「努力が必要だよ。自分自身が正しいとわかっていても、なぜ相手は自分が正しいと思っているのかを理解しようとしなければならない。お互いを理解しようと努力をすることの方が、正しいかどうかより重要なんだ」と語っていた。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]