ライオンズゲートが新部門を設立、ホラー、アクションスリラー以外の新たなジャンルを開拓!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ソウ』(2004)より - Lions Gate Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ソウ』シリーズや『ハンガー・ゲーム』シリーズを手掛けてきたライオンズゲートが、年間15作品を劇場またはデジタルで配給する新部門、「ライオンズゲート・プレミア」を新設したことを発表した。ホラーやアクション、スリラーといったジャンル映画の壁を越え、多様性に富んだ作品を扱っていくという。

【写真】『ソウ』ギャラリー

 その第1弾として、今年の秋にダニエル・リー監督、ジャッキー・チェンジョン・キューザックエイドリアン・ブロディ出演のアクション映画『ドラゴン・ブレイド(原題) / Dragon Blade』を公開。次にレイン・ウィルソンイライジャ・ウッド出演の『クーティーズ(原題) / Cooties』、そしてサム・ロックウェルダニー・マクブライドウィル・フォーテのコメディー映画映画『ドン・ヴァーディーン(原題) / Don Verdean』などが公開されることが決定した。

[PR]

 その他にホラー作品では、イーライ・ロス監督、キアヌ・リーヴス主演の『ノック ノック(原題) / Knock knock』、アクションスリラー作品ではブルース・ウィリスケラン・ラッツ出演の『エクストラクション(原題) / Extraction』なども公開を控えている。

 今後、同部門ではライオンズゲートとサミット・エンターテインメントで製作された作品の配給を行う。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]