『渇き。』の北米配給が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『渇き。』でメガホンを取った中島哲也監督 - Kiyoshi Ota / Getty Images

 中島哲也監督、役所広司主演の映画『渇き。』(米題『World of Kanako』)の北米配給権をドラフトハウス・フィルムズが獲得したことが、同社のオフィシャルサイトによって明らかになった。

【動画】愛する娘はバケモノだった『渇き。』激ヤバ映像

 『渇き。』は、深町秋生が執筆した原作「果てしなき渇き」を映画化したもの。元刑事の警備員・藤島はコンビニで大量殺人を目撃して間もなく、離婚した妻から行方不明になった娘・加奈子を捜索するよう頼まれるが、捜していく過程でかつての加奈子と違い、今は悪名高い不良グループと関係を持っていることを知ることになる。中島監督の演出はもちろんのこと、役所広司(藤島役)と小松菜奈(加奈子役)の演技が注目された。

 これまでドラフトハウス・フィルムズは、『嘆きのピエタ』『アクト・オブ・キリング』などのアジア作品を配給してきた。今のところ正確な日程は決まっていないが、同社は今作の北米での限定映画館での公開、VOD(ビデオ・オン・デマンド)での放映や、デジタルでの配信、そしてDVDやブルーレイのリリースも行う予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]