クリステン・スチュワート、アン・リー監督の戦争映画に出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリステン・スチュワート - Kristy Sparow / Getty Images

 映画『トワイライト』シリーズや『アリスのままで』のクリステン・スチュワートが、アン・リー監督の新作映画『ビリー・リンズ・ロング・ハーフタイム・ウォーク(原題) / Billy Lynn's Long Halftime Walk』に出演する交渉が進んでいるとThe Wrapが伝えた。

【動画】クリステン・スチュワート出演最新作『アリスのままで』特報

 本作は、ベン・ファウンテンによる同名小説の映画化で、イラク戦争に従軍した19歳のビリー・リンの物語を描いたもの。戦地からいったん帰国し凱旋(がいせん)ツアーに駆り出され、アメフトのダラス・カウボーイズの試合のハーフタイムショーで華やかにたたえられるビリーとその仲間たちの葛藤をつづる。

[PR]

 無名の新人俳優ジョー・アルウィンが主役のビリー役に決まっているほか、『トロン:レガシー』のギャレット・ヘドランドが厳しい軍曹役、スティーヴ・マーティンがビリーの体験談の映画化権を獲得しようとするハリウッドの映画プロデューサー役に決まっている。スチュワートは主人公ビリーの姉役をオファーされている。

 スチュワートは、ニコラス・ホルトと共演の『イコールズ(原題) / Equals』が今年公開予定であるほか、ブルース・ウィリスと共演のウディ・アレンのタイトル未定の新作に出演予定だ。(鯨岡孝子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]