宮崎駿監督が描き下ろし漫画で解説!「幽霊塔へようこそ展」5月開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「幽霊塔へようこそ展 ー通俗文化の王道ー」ポスタービジュアル - (c)Nibariki (c)Museo d'Arte Ghibli

 宮崎駿監督が江戸川乱歩のミステリー小説「幽霊塔」の魅力を描き下ろし漫画で解説し、企画・構成を手掛けた企画展示「幽霊塔へようこそ展 ー通俗文化の王道ー」が、5月30日より三鷹の森ジブリ美術館で開催される。

 「幽霊塔」は、イギリスの作家A・M・ウィリアムスン原作の小説「灰色の女」(1898)を1899年に黒岩涙香が翻訳した新聞連載小説を、1937年に江戸川乱歩がアレンジを加えて翻訳したミステリー小説。中学生時代にこの小説を読んだ宮崎監督は、主人公たちの織り成すロマンスや、ストーリーの舞台である時計塔の歯車やその機構に感銘を受け、初の長編劇場作品となる映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)に時計塔やロマンスの要素を盛り込むなど、大きな影響を受けたという。

 今回の展示では、そんな思い出深い小説を60年ぶりに読み返し、通俗文化の王道を行くものと思い至った理由を、宮崎監督が自身の描き下ろし漫画により解説。館内中央ホールには宮崎監督がデザインを手掛けた大きな「時計塔」を設置する。さらに映画『ルパン三世 カリオストロの城』のジオラマも登場し、その舞台の構造についても紹介する。(編集部・石井百合子)

「幽霊塔へようこそ展 ー通俗文化の王道ー」は5月30日から2016年5月まで三鷹の森ジブリ美術館にて開催予定
※全国のローソンにて毎月10日(土・日・祝日の場合は翌平日)より翌月分のチケットを発売。店頭Loppi、電話、インターネットで予約申し込み
※2015年の夏休みシーズン入場チケットのみ、10日の一般チケット発売に先行して、抽選販売を実施。7月分は5月25日、8月分は6月25日より、インターネットと電話にて申込受付開始

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]