スティーヴン・キング原作の「11/22/63」にスター結集、監督も決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演が決まったクリス・クーパーとサラ・ガドン - Jemal Countess / Getty Images(左)Andrew Chin / Getty Images(右)

 スティーヴン・キング原作のベストセラー小説「11/22/63」を基にした新テレビシリーズに、クリス・クーパーサラ・ガドンの出演が決定し、さらにケヴィン・マクドナルドが監督を務めることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

【動画】原作はスティーヴン・キングの息子!ダニエル・ラドクリフ主演『ホーンズ 容疑者と告白の角』

 本作は、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスとキングが、アメリカの動画配信会社Huluの下、企画している9エピソードからなるミニシリーズ。ケネディ大統領の暗殺を止めるために英語教師ジェイク・エッピングがタイムトラベルをするというストーリー

[PR]

 主人公ジェイク役を務める『127時間』『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のジェームズ・フランコに続き、このたび、ジェイクの友人でダイナーを経営するアル・テンプルトン役で『カンパニー・メン』のクリス、図書館司書でありジェイクと恋に落ちるセイディ・ダンヒル役で『ドラキュラZERO』のサラの出演が決まった。

 また、『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』のマクドナルドが、最初の2エピソードで監督を務める。エイブラムスとキングのコンビに、スターが結集するとなれば、期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]