“北野節”止まらず!ベテラン勢ぞろいで「黙とう怖い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演の藤竜也、北野武監督、近藤正臣

 14日、映画『龍三と七人の子分たち』の特別試写会が都内で行われ、北野武監督をはじめ、主演の藤竜也、共演の近藤正臣中尾彬品川徹樋浦勉伊藤幸純吉澤健小野寺昭安田顕萬田久子が登壇。北野監督は勢ぞろいしたベテランキャストを前に「こうやって並ぶと戦没者慰霊会のようですが」などと北野節をさく裂させた。

【写真】ヤスケンも“ジジイ”たちと一緒に登場!

 のっけから軽いジャブを入れた北野監督は「中には、用意スタートの声が聞こえなかったり、カンペが見えなかったり、(目で追いすぎて)バレバレだったり、衣装を着て帰った人や衣装さんを口説いているおじいちゃんもいました」とキャスト陣が高齢であるがゆえの撮影エピソードを楽しそうに報告。

[PR]

 また「とにかく今日まで頑張ってください」と言っていたそうで、「今日、黙とうから始まるのが一番怖い」と理由を明かすと、場内は大爆笑。「おかげさまで元気にそろっていただいた」と感謝すると、「この映画がヒットしたら『龍三と七人の幽霊たち』を作りたいと」と冗談めかした。

“ジジイ”たちが大暴れ!キャスト集結!

 『アウトレイジ ビヨンド』から約2年半ぶりに公開される北野映画とあり、集まった観客から大きな拍手で迎えられた北野監督。最後は引き締まった口調に変わり、「自分の映画では暴力映画が多いですけど、たまにはお笑いの映画をと思って撮りました。お笑いの基本ばかり入っているので楽しんでください」と自信満々にアピール。主演を務めた藤も、「人生を深く語る難しい映画ではありません。笑いのスイッチを入れてごらんください」と北野監督との初タッグで誕生させた本作に胸を張った。

 『龍三と七人の子分たち』は、超ベテラン俳優たちが演じる引退した元ヤクザの“ジジイ”たちが、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売でやりたい放題のチンピラと対決するさまをコミカルに描いた一大エンターテインメント。4月25日より全国公開される。(取材・文:鶴見菜美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]