野村芳太郎の代表作8本がブルーレイ化!松本清張とのコンビ作も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
野村芳太郎監督 - (C)松竹株式会社

 今年4月8日に没後10年目の命日を迎えた名匠・野村芳太郎の代表作8本がブルーレイ化され、5月から7月にかけて発売される。

名作ぞろい!野村芳太郎監督のブルーレイ作品フォトギャラリー

 野村監督は、1919年4月23日、東京・浅草生まれ。大学卒業後に松竹蒲田撮影所に入社し、黒澤明監督の『白痴』(1951)や川島雄三監督作の『天使も夢を見る』(1951)などに助監督として参加。『鳩』(1952)で監督デビューを果たし、後に松本清張のサスペンス小説を丹波哲郎加藤剛主演で映画化した『砂の器』(1974)、横溝正史のミステリー小説を萩原健一主演で映画化した『八つ墓村』(1977)など、日本の風土や四季折々の美しさをスクリーンに刻んだ名作の数々を生みだした。

[PR]

 今回、『砂の器』と同じく、清張とのコンビ作『張込み』(1958)『ゼロの焦点』(1961)『疑惑』(1982)の3本がブルーレイ化。中でも大木実高峰秀子主演の『張込み』はキネマ旬報ベストテン8位に入るなど高い評価を受け、映画監督としての転機に。清張映画の第一人者として脚光を浴びることとなった。

『張込み』(C) 1958 松竹株式会社

 そのほか、最も美しかったころの松坂慶子が、殺された薄幸のヒロインを演じた大岡昇平原作の法廷サスペンス『事件』(1978)、昭和のヒット曲をモチーフにした『昭和枯れすすき』(1975)、エラリイ・クイーンの小説「災厄の町」に基づくミステリー『配達されない三通の手紙』(1979)、遠藤周作原作の心理ミステリー『真夜中の招待状』(1981)、上村一夫の漫画に基づく青春映画『しなの川』(1973)も発売される。(編集部・石井百合子)

【あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション】『事件』『疑惑』は5月8日、『配達されない三通の手紙』『昭和枯れすすき』『真夜中の招待状』は6月3日、『張込み』『ゼロの焦点』『しなの川』(各3,300円+税)は7月3日、松竹より発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]