『X-MEN』スピンオフ製作決定!若きミュータントチームが主役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メガホンを取るジョシュ・ブーン監督 - Matt Carr / Getty Images

 米20世紀フォックスが大人気『X-MEN』シリーズのスピンオフとしてマーベルコミックスの「New Mutants」を映画化するとDeadlineが報じた。

【動画】過去と未来が交差!映画『X-MEN:フューチャー&パスト』

 『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーン監督がメガホンを取り、『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』のアソシエイトプロデューサーであるネイト・グワルトニイと共に脚本も手掛けるという。プロデュースは『X-MEN』シリーズのサイモン・キンバーグローレン・シュラー・ドナーが担当する。

[PR]

 原作となるコミックスは、プロフェッサーX がX-MENの候補生として思春期のミュータントたちを訓練するという設定だ。サイモンは、「『X-MEN』の新たな世界を探究できることに、とても興奮しているよ。若いキャラクターのストーリーを伝えるのにジョシュほど適している人はいないと思うから、本当にわくわくしている」と本企画に懸ける意気込みを語っている。

 米20世紀フォックスは現在、『X-MEN』関連の映画製作に力を注いでおり、ライアン・レイノルズ主演の『デッドプール(原題) / Deadpool』(全米公開2016年2月16日予定)をはじめ、『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス(原題) / X-Men: Apocalypse』(全米公開2016年5月27日予定)、チャニング・テイタムがタイトルロールを演じる『ガンビット(原題) / Gambit』(全米公開2016年10月7日予定)、ヒュー・ジャックマン主演の人気スピンオフ『ウルヴァリン』第3弾(全米公開2017年予定)などの企画が進められている。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]