ジャック・ブラックが『ナチョ・リブレ』監督と再タッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再び一緒に! ジャック・ブラックとジャレッド・ヘス監督 - Jerod Harris / Getty Images for Amazon Studios / Getty Images(左)Mark Sullivan / WireImage / Getty Images(右)

 映画『スクール・オブ・ロック』『キング・コング』などで知られる俳優のジャック・ブラックが、新作『マイクロネーションズ(原題) / Micronations』で、『ナチョ・リブレ 覆面の神様』のジャレッド・ヘス監督と再びタッグを組むことが、 The Hollywood Reporter や複数のメディアによって明らかになった。

ジャック・ブラック主演『ナチョ・リブレ 覆面の神様』フォトギャラリー

 変人や夢想家たちが主権国家を宣言しているばかげた社会で、ジャックふんする主人公が人口わずか12名の主権国家の防衛を任されて、近隣諸国との争いに突入していくというストーリー。ヘス監督は「アメリカ国内には自分たちで国家を築いた人々もいて、彼らに関する映画を製作しなければいけないと思ったんだ」と今回の製作について明かしている。

 本作は、ブラント・アンダーセンとデイヴ・ハンターのバッファロー・フィルムズ・カンパニーが企画。同社とジャックの製作会社であるエレトリック・ダイナマイト、『ナチョ・リブレ 覆面の神様』で製作総指揮を務めたデイモン・ロスが共同で製作する。脚本は、テレビドラマ「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」の脚本家ロバート・スノウとクリスチャン・マガリャンエスが執筆するという。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]