桐谷健太、裸の付き合いで役づくり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自画自賛した桐谷健太

 農業や漁業をテーマにした映画『種まく旅人~くにうみの郷~』の初日舞台あいさつが30日、東京・新宿ピカデリーで行われ、栗山千明桐谷健太三浦貴大篠原哲雄監督が登壇。全編、淡路島ロケで行われた撮影について、桐谷は「(農作業を一緒にやった)“畑チーム”のメンバーと、ホテルの温泉に毎日一緒に入って、裸の付き合いをしたのが一番の思い出。お互いにいろんなところを見ているから、自然な演技ができました」と振り返った。

【写真】「タマネギ焼酎というのがありまして…」と語った栗山千明

 本作は淡路島を舞台に、第1次産業の調査に訪れた農林水産省の官僚・神野恵子(栗山)が、タマネギ農家の4代目・豊島岳志(桐谷)と、その弟でノリの養殖に打ち込む豊島渉(三浦)の兄弟に出会ったことから、自然の恵みの豊かさに気づき、島の農水産業を盛り上げようと奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。

[PR]

オール淡路島ロケを敢行

 桐谷は、「(畑チームで)合コンするシーンも(裸の付き合いのおかげで)好き勝手にしゃべって自然な演技で撮れた。やっぱり地元の人を演じるには、地元の人とどう絡むか(親しくなるか)で説得力が違ってくるんです」と自画自賛。篠原監督も「桐谷くんは、そのホテルに泊まっていたわけではないんです。それなのに『お帰りなさい』と言われて、すっかり溶け込んでいた」と補足して笑いを誘う。

 「とにかく食べ物が、全部おいしかった」と撮影を振り返った栗山は、「タマネギ焼酎というのがありまして、飲んだあと、タマネギの香りがキッとくるんです。生のタマネギのスライスをおつまみに」と淡路島で試した大人の飲み方を紹介。三浦は「やっぱりノリがおいしかったのと、地元の漁協に協力いただいて、たくさんの若い人がノリ作りに情熱を傾けていることを知りました。世界一うまいノリを作るんだと、みんなすごく熱い」と同世代から大いに刺激を受けたことを話していた。(取材・岸田智)

映画『種まく旅人~くにうみの郷~』は新宿ピカデリーほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]