アメコミ界の巨匠スタン・リーが救急搬送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
92歳のスタン・リー - Rick Kern / WireImage / Getty Images

 「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」「スパイダーマン」など数々のマーベルコミックスの原作を手掛けてきたアメコミ界の巨匠スタン・リーが、体調不良で救急車を呼んだとTMZ.comが独占で報じた。

【動画】スタン・リー出演&製作総指揮『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』予告編

 情報筋によると、92歳のスタンは気分が悪いと訴え、28日(現地時間)の朝にロサンゼルスの自宅からシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターに搬送されたとのこと。

 病状は明らかにされていないが、彼の代理人は29日に行われる映画『アントマン』のプレミアには出席すると言っているため、深刻ではないようだ。スタンは2012年に心臓にペースメーカーを埋め込む手術を受けていた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]