山崎賢人の母性本能くすぐる澄んだ瞳!『ヒロイン失格』新カット公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
携帯越しに見ているのは……? 寺坂利太役の山崎賢人 - (C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

 桐谷美玲主演の映画『ヒロイン失格』から、片手に持った携帯越しに窓の外をのぞく端正な横顔と澄んだ瞳が母性本能をくすぐる、山崎賢人の新カットが公開された。

【写真】山崎賢人の端正なルックスにキュン!

 ドラマ「デスノート」をはじめ、映画『今日、恋をはじめます』『L・DK』、公開を控える『orange』など、人気漫画の実写化作品からラブコールが殺到している山崎。NHK連続テレビ小説「まれ」にも出演中の山崎が、幸田もも子の同名人気少女漫画を実写化した本作で演じるのは、主人公・松崎はとり(桐谷)が思いを寄せる幼なじみの寺坂利太というキャラクターだ。

[PR]

 利太は、クールで捉えどころのないようで、実は心にトラウマを抱えて人と関わることを恐れているふしがある少年。そんな“風”のようなイメージの難役に抜てきされた山崎は、原作を読み込み、利太の魅力は普通にカッコいいだけではなく、少しヘタレな部分があるところだと分析。メガホンを取った英勉監督も「彼とは利太の内面についてあれこれ話しました。やたら写真を撮るのは、自分は空っぽだと思っていて、隙間を埋めようとしているからだ、とか。共通の“利太っぽさ”をつかめたので、現場ではラクでしたね」とその演技に太鼓判を押した。

 本作は、恋に暴走する主人公・はとりと幼なじみの利太、はとりに恋する学校一のモテ男・弘光廣祐(坂口健太郎)の三角関係を笑いと涙と胸キュンを交えて描くロマンチックコメディー。少女漫画の世界から飛び出してきたかのような端正なルックスだけでなく、監督から絶賛を受けた山崎の演技にも注目だ。(編集部・吉田唯)

映画『ヒロイン失格』は9月19日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]