宮野真守、アニメ『亜人』はかなり攻めてる!クオリティーに絶対の自信

第28回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『亜人』の出来に自信をのぞかせた宮野真守

 宮野真守細谷佳正櫻井孝宏小松未可子平川大輔洲崎綾ら豪華声優陣が28日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた第28回東京国際映画祭パノラマ部門『亜人 第1部「衝動」』ワールドプレミアイベントに出席、作品のクオリティーに自信を見せた。この日は瀬下寛之総監督、安藤裕章監督も来場した。

【写真】宮野真守ら『亜人』声優陣が集結!フォトギャラリー

 本作では、桜井画門による人気コミックを3部作でアニメーション化。「シドニアの騎士」シリーズのポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当し、決して死なない新人類・亜人と、それを追う日本国政府との戦いを、斬新なアクションと緻密な心理描写で描き出す。

[PR]

 宮野をはじめとする登壇者たちが、黒をベースとしたシックな装いを披露する中、一人明るい花柄の衣装で登場した洲崎は「わたしだけ変な色の服を着ちゃって。小松未可子ちゃんに黒いワンピースを借りようと思ったのですが、サイズが合いませんでした」と白状。そこに、ラフな普段着でやって来た瀬下総監督が「こんなにフォーマルでブラックなイベントになるとは思っていなかった。(続編を制作中のため)僕と安藤さんは、こんな格好でスタジオからやって来ちゃって……すみません」と付け加え、会場を笑いに包んだ。

平川大輔、小松未可子、櫻井孝宏、宮野真守、細谷佳正、洲崎綾、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督

 本作では、先に収録したセリフに合わせて絵を作り上げる「プレスコ」という手法がとられている。「セリフを収録していたときは絵が出来上がっていなかったので、こんな世界観になるのかと圧倒されました」と語った宮野は「多分、『亜人』をアニメ化すると聞いて、できるのだろうかと思った人は多かったと思うんですよ。映像にする上でギリギリな作品だと思うので。でも、みんなの不安に正面から立ち向かった、かなり攻めている映像作品だと思う。原作から感じられる斬新な世界観にどんどん引き込まれていきました。これが第1部であるということで、続編に期待せざるを得ないですね」と充実の表情。

 一方の瀬下総監督も、声優陣の演技を絶賛。「これだけの演技を、僕らがどれだけきちんと絵にすることができるのか。アニメーターたちは刺激を受けて、演出陣が期待した以上にすごいものになった。こういった挑戦的な作品になったのも、声優さんたちが作り上げてくれたおかげ。感謝したいです」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『亜人 第1部「衝動」』は11月27日よりTOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]