ファスベンダー主演『スティーブ・ジョブズ』日本公開2016年2月に決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
似てる?似てない?マイケル・ファスベンダーふんするジョブズさん - (C)Universal Pictures

 アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えたカリスマ、スティーブ・ジョブズさんの人生を描いた新作映画『スティーブ・ジョブズ』が、2016年2月に日本公開されることが決定した。併せて場面写真が公開され、俳優マイケル・ファスベンダーふんするジョブズさんの姿が披露された。

まだある!ジョブズさん役のファスベンダー写真ギャラリー

 本作は、ジョブズさん本人が伝記作家ウォルター・アイザックソンに頼み込んで完成した伝記小説「スティーブ・ジョブズ」を原案に、単にジョブズさんの人生を追うのではなく、ジョブズさんが手掛けた3大製品(1984年のMacintosh、1988年の NeXT Cube、1998年のiMac)が誕生した、波乱に満ちた時期に焦点を当てている。

[PR]

劇中でスタンディングオベーションを受けるジョブズさん(ファスベンダー) - (C) Francois Duhamel

 ジョブズさんが人々の心をわし掴みにした新作発表会での伝説のプレゼンテーション直前40分の舞台裏にも迫っており、今回公開された場面写真でも指揮を執るようなポーズのジョブズさんや、多くの観客がスタンディングオベーションする中、ステージ上でスポットライトを浴びているジョブズさんの後ろ姿が確認できる。また、娘リサとの確執と和解というプライベートにも切り込んでおり、不器用な親子愛が観客の心を揺さぶる作品に仕上がっている。

 メガホンを取ったのは『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル、脚本は『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキンが担当した。『X-MEN』シリーズなどで知られるファスベンダーの脇を固めるのは、『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレット、『50/50 フィフティ・フィフティ』のセス・ローゲンといった実力派キャストたち。オスカー有力候補との呼び声が高い本作の公開に期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

映画『スティーブ・ジョブズ』は2016年2月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]