安田顕はオナラとゲップができる人!監督が魅力を語る

第28回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『俳優 亀岡拓次』のイベントに出席した横浜聡子監督

 大泉洋戸次重幸らも所属する演劇ユニット TEAM NACS のメンバーである安田顕の主演映画『俳優 亀岡拓次』のQ&Aイベントが30日、都内で行われ、本作のメガホンをとった横浜聡子監督が、オナラやゲップもできる芸達者な安田の魅力を語った。

 オファーがあればどんな役でも応じ、私生活では酒を楽しみとする脇役一筋の地味な役者・亀岡拓次の慎ましい人生を、業界でありがちな出来事を散りばめて描く本作。登壇した横浜監督は主演の安田について、「あんまり存じ上げていなかった。この映画の役柄のように、見たことあるという感じの印象でした」と振り返る。安田を知っていく中で、「ある種の闇の部分のような“何か”を抱えている人なんだろうなという気配にすごく惹かれた」とも明かし、早い段階から亀岡と安田をリンクさせながら本作の脚本を書き進めたと語った。

 「他の役者と決定的に違うところは芸があるところ」と安田の魅力を表現し、「映画の中にもありますが、オナラをしたり、ゲップをしたり。それができる人なんですよ、彼は」とにっこり。「舞台を観に行った時も、素晴らしい動きをされていて、バスター・キートンのような喜劇俳優だなって思いました」と褒め称えた。素の安田については、「とてもシャイな人。人がたくさんいらっしゃるところではなかなか本音をおっしゃらない。二人の時なんかに、ぽろっと確信めいたことを言う、いい意味の暗さを持った人」と紹介した。

[PR]

 横浜監督は、安田は監督の細かな演出に応えようと努力していたというが、「意思疎通が完全にはうまくいかないまま、ずっとお互いがわからないまま現場にいた」とも明かした。それ故、完成した映画を観たときには驚いたという。「安田さんの持っている華の部分と暗さの部分を存分に出し惜しみせずに出してくれていた。全く見たことのない安田さんがたくさんいて、本当にありがたいなと思いました」としみじみと振り返った。(取材・文:名鹿祥史)

映画『俳優 亀岡拓次』は2016年1月30日よりテアトル新宿ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]