ハリウッド版「攻殻機動隊」悪役“笑い男”にサム・ライリー交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サム・ライリー、天才ハッカー役に!? - Gregg DeGuire / WireImage / Getty Images

 スカーレット・ヨハンソンが主演するハリウッド実写版「攻殻機動隊」の悪役“笑い男”に、『マレフィセント』のサム・ライリーが出演交渉中であるとDeadlineが報じている。

【写真】魔性のスカヨハ…映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ギャラリー

 本作は、押井守監督がアニメーション映画化し世界中のファンから支持された士郎正宗のSFコミックを、『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督が実写化。科学技術が発達した近未来を舞台とする原作では、公安警察組織“攻殻機動隊”が、高度な情報化社会で凶悪化するコンピューター犯罪やサイバーテロを未然に防ぎ、国家の保安や機密を守るため戦う姿が描かれる。スカーレットは“攻殻機動隊”の実質的なリーダーであり、サイボーグのヒロイン・草薙素子にふんする。

 “笑い男”は、「笑い男事件」と呼ばれるサイバーテロの主犯とされる天才ハッカーで、草薙と対峙する役どころ。契約はまだ結ばれていないものの、サムに出演の意思はあるとのことだ。また、草薙の同僚で男性版の主役というべきバトー役は、デンマーク人俳優ピルー・アスベックに決定している。本作の全米公開日は2017年3月31日。(編集部・高橋典子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]