女優・原節子さん死去 ひっそりと生涯を終える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は小津安二郎監督作品『東京物語』のもの - New Yorker Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 日本映画を代表する女優の原節子さんが、9月5日に神奈川県の病院で肺炎のため、95歳で亡くなっていたことが関係者への取材で明らかになった。

 原さんは、1920年6月17日生まれで神奈川県横浜市出身。黒澤明小津安二郎成瀬巳喜男といった日本の巨匠が手掛ける映画作品に出演。『わが青春に悔なし』(1946)や『東京物語』(1953)をはじめとした名作に出演し、日本人離れした美しさで絶大な人気を誇った。

 また美貌だけでなく演技も高く評価されていた原さんは、生涯で小津安二郎監督作品に何度も出演を果たし、稲垣浩監督の『忠臣蔵 花の巻 雪の巻』(1962)を最後に女優としてのキャリアに幕を閉じ、翌年に行われた小津監督の葬儀以来、表舞台に姿を見せなかった。生涯独身を通し、現在まで静かに隠遁(いんとん)生活を送っていたのだという。(編集部・那須本康)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]