「めだかボックス」西尾維新×暁月あきらタッグの新作が決定!ジャンプSQ.でスタート!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「めだか」タッグの新作! 「症年症女」がジャンプSQ.で連載スタート! - (C)西尾維新・暁月あきら/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されアニメ化もされた漫画「めだかボックス」を手掛けた人気作家・西尾維新(原作)と暁月あきら(作画)のタッグによる新作「症年症女」(しょうねんしょうじょ)が、月刊漫画雑誌「ジャンプSQ.(スクエア)」2月号(2016年1月4日発売)から連載されることが、4日発売の同誌2016年1月号で発表された。

 2009年から2013年にかけて「めだかボックス」を連載し、高い画力と、個性的なキャラクターや言葉遊びをちりばめた作風で人気を博した西尾と暁月。「症年症女」の詳細は明らかになっていないが、そのあらすじは、「『個性』に憧れる少年の目に映る世界は、『無個性』で塗り潰されている。そんな世界で生きる少年に、はっきりと見えるものは-!?」となっており、またも個性全開の西尾ワールドが展開することをうかがわせる。

「岸辺露伴は動かない」 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

 「症年症女」の連載開始が告知された2016年1月号では、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦による最新読み切り「『岸辺露伴は動かない』エピソード#07 月曜日-天気雨」を掲載。また、連載漫画「双星の陰陽師」のテレビアニメ化も発表されている。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]