2年間でハリウッド女性監督の映画はたったの6.4%!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ソフィア・コッポラ監督 - Jemal Countess / Getty Images

 全米監督組合(DGA)が同組合のサイトDGA.orgで発表した統計によれば、2013年と2014年の2年間に製作公開されたハリウッド映画のうち、女性監督が手掛けた作品は全体のわずか6.4%だったことがわかった。

【動画】エヴァ・デュヴァネイ監督作『グローリー/明日(あす)への行進』

 82.4%が白人男性の監督、11.2%が少数人種の男性監督、5.1%が白人女性の監督、1.3%が少数人種の女性監督が手掛けた作品とのこと。同組合のベサニー・ルーニー氏は「映画業界におけるこの状況は、才能ある女性や少数人種の監督たちにとって、不相応なほどの高いハードルが存在することを浮き彫りにした」とコメントしている。

エヴァ・デュヴァネイ監督 Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 この2年間で製作公開された女性監督の映画には、エヴァ・デュヴァネイ監督の『グローリー/明日への行進』、ソフィア・コッポラ監督の『ブリングリング』などがある。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]