舞台版「黒子のバスケ」黄瀬・緑間も集結!メインビジュアルお披露目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キセキの世代の髪色も再現! - 舞台「『黒子のバスケ』THE ENCOUNTER」メインビジュアル

 「週刊少年ジャンプ」で連載された人気スポーツ漫画を舞台化した「『黒子のバスケ』THE ENCOUNTER」のメインビジュアルが公開され、新たに黄瀬涼太(演:黒羽麻璃央)や緑間真太郎(演:畠山遼)などの人気キャラクターの姿がお披露目された。

 主人公・黒子テツヤを、テレビアニメ版で声優を務めた小野賢章が演じる本舞台。誠凛高校バスケットボール部に入部した黒子が、彼の「光」となる相棒・火神大我(演:安里勇哉)と共にインターハイ出場を目指すさまが描かれる。彼らの前に立ちはだかるのは、「キセキの世代」として、中学バスケ界で圧倒的な力を見せていた黒子の元チームメイト。舞台では、「キセキの世代」の黄瀬を擁する海常高校、緑間を擁する秀徳高校、そして黒子の元相棒である青峰大輝(演:小沼将太)がエースとして活躍する桐皇学園高校との対戦が中心になる。

 今回公開されたメインビジュアルでは、黒子や火神のほか、誠凛高校のキャプテンの日向順平(演:牧田哲也)、司令塔の伊月俊(演:秋元龍太朗)も登場。また海常高校の笠松幸男(演:松村龍之介)や、秀徳高校の高尾和成(演:山田ジェームス武)、桐皇学園の今吉翔一(演:林明寛)など物語に深く関わってきそうなメンバーが姿を見せている。

 舞台は4月8日~4月24日まで東京・池袋のサンシャイン劇場で上演。チケットの一般発売は2月27日より開始する。脚本・演出は中屋敷法仁、振付は川崎悦子が担当している。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]