モーガン・フリーマンがリンカーン・センター映画協会からチャップリン・アワードを授与!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
モーガン・フリーマン - Cindy Ord / Getty Images for SiriusXM

 ニューヨークのリンカーン・センター映画協会が、映画『ドライビング Miss デイジー』『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマンに、チャップリン・アワードを授与することを発表した。

【写真】モーガン・フリーマン『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』ギャラリー

 チャップリン・アワードは、映画界に多大な貢献をしてきた人物に贈られる名誉賞。今年で第43回を迎える同授賞式は4月25日(現地時間)に行われる。これまでの受賞者には、ビリー・ワイルダーアルフレッド・ヒッチコックローレンス・オリヴィエフェデリコ・フェリーニエリザベス・テイラークリント・イーストウッドダスティン・ホフマントム・ハンクスメリル・ストリープロバート・レッドフォードなどがいる。

[PR]

 今回の決定ついてリンカーン・センター映画協会の理事長アン・テネンバウムは「彼は、現代の俳優の中でも最も才能のある俳優の一人で、彼の作品群は映画界の景観を変えてきた。彼は俳優、人道主義者として普遍的に愛されてきて、彼がすでに受賞してきた著名な賞に、チャップリン・アワードを加えることができることに興奮しています」とコメントを残した。

 モーガン・フリーマンは2000年にはケネディ・センターで名誉賞を受賞し、2011年にはゴールデン・グローブ賞でセシル・B・デミル賞を受賞している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]