「スター・トレック」新テレビシリーズ かじ取りは「ハンニバル」のブライアン・フラー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブライアン・フラー - Gabriel Olsen / Getty Images

 米CBS局の動画サービスCBS All Accessで来年から配信予定のテレビドラマ「スター・トレック」の新シリーズをブライアン・フラーが舵取りするとDeadlineなどが報じた。

シリーズ映画最新作『スター・トレック ビヨンド』予告編

 「ハンニバル」「HEROES/ヒーローズ」などで知られるフラーは、フリーの脚本家として「スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン」「スター・トレック/ヴォイジャー」でキャリアをスタートさせ、シリーズを通して計22エピソードの脚本を手掛けている。

[PR]

 新ドラマのかじ取りだけでなく、映画『スター・トレック』シリーズの製作総指揮と脚本を担当したアレックス・カーツマンと共に共同クリエイターにも名を連ねるという。

 「新しいバージョンの『スター・トレック』を作ることができるなんて、僕の夢がかないました。同じ『スター・トレック』仲間のアレックス・カーツマンと共にシリーズ未踏の宇宙に勇敢に航海したいと思います」とコメントしている。

 「スター・トレック」は1966年にテレビシリーズがアメリカでスタート。今年で放映50周年となり、記念切手や公式クルーズなどが発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]