『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、『キングスマン』エグジー役の最終候補だった!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョン・ボイエガがタロン・エガートンとエグジー役の座を争っていた! - Chris Jackson / Getty Images

 サプライズヒットを記録したスパイアクション『キングスマン』でメガホンを取ったマシュー・ヴォーン監督が、同作で不良少年エグジー役の座をタロン・エガートンと最後まで争ったのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役で一躍大スターになったジョン・ボイエガだったことを Empire Online に明かした。

【動画】ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』完成に自信!

 ヴォーン監督はエグジー役の選考について、「タフな決断だったよ。ボイエガは素晴らしい俳優だった。でも、タロンには何かがあったんだ。その役にふさわしいのは誰なのか、直感に従うしかない」と苦渋の選択だったことを明かし、さらには「ジョンは恐らく『僕のことを選ばないでくれてマジありがとう!』って思っているだろうね。エグジー役に抜てきされていたら、『スター・ウォーズ』には出演できなかったかもしれないからね」と冗談交じりに話していた。

 ジョンとの争いを勝ち抜き、エグジー役でその名を知らしめることになったタロンだが、『スター・ウォーズ』シリーズでハリソン・フォードが演じてきた人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画の主役オーディションの最終候補に残っていることが先日伝えられていたばかりだ。『LEGO(R)ムービー』『22ジャンプストリート』の監督コンビ、クリス・ミラーフィル・ロードがメガホンを取る同スピンオフの全米公開は2018年5月25日を予定している。一方、『キングスマン』続編のタイトルは『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』に決定し、全米公開は2017年6月16日の予定。(編集部・石神恵美子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]