ウディ・アレンの新作で今年のカンヌ映画祭が開幕!

第69回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影中のジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ウディ・アレン監督 - Steve Sands / GC Images / Getty Images

 今年で第69回を迎えるカンヌ国際映画祭のオープニング作品が、ウディ・アレン監督の新作『カフェ・ソサエティー(原題) / Cafe Society』に決まった。現地時間5月11日から22日まで開催される同映画祭の公式サイトで明らかになった。

【写真】昨年のカンヌ国際映画祭でベン・ウィショーがファンサービス!

 アレン監督の新作は、1930年代のハリウッドを舞台に、映画界に入ろうとする若者を描いた作品で、クリステン・スチュワートジェシー・アイゼンバーグブレイク・ライヴリーパーカー・ポージースティーヴ・カレルなどが出演している。

[PR]

 これまでアレン監督の作品は、『さよなら、さよならハリウッド』と『ミッドナイト・イン・パリ』がオープニング上映されており、今作が3度目のカンヌ国際映画祭のオープニング作品となる。さらに今作では、映画『地獄の黙示録』『ラストエンペラー』のヴィットリオ・ストラーロが撮影監督を務め、初めてアレン監督とタッグを組んでいる。

 同映画祭の審査員長を務めるのは、映画『マッドマックス』シリーズのジョージ・ミラー監督。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]