カンバーバッチ主演『ドクター・ストレンジ』初予告が公開!『インセプション』風な世界観

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
画像は映画『ドクター・ストレンジ(原題) 』Twitterのスクリーンショット

 ベネディクト・カンバーバッチが主演を務めるマーベル映画『ドクター・ストレンジ(原題) / Doctor Strange』の海外版ティザー予告が公開され、『バットマン ビギンズ』×『インセプション』というべきその世界観が明らかになった。同作の予告編が公開されるのはこれが初めて。

 『ドクター・ストレンジ(原題)』は、交通事故により両腕に大けがを負って医学の道を閉ざされたスティーヴン・ストレンジ(ベネディクト)が、魔術を習得して悪と戦うようなるさまを描くアクション映画。

 今回公開された予告編では、ストレンジの悲惨なけが、かつては天才外科医だったものの事故後には手の震えが抑えられなくなってしまった姿、そして訪れたチベットで魔術師エンシャント・ワン(ティルダ・スウィントン)に会い、疑念を抱きつつもその圧倒的な力を前に最後は教えを乞うさまが順に映し出される。ヒーロー誕生までを重厚感を持って描いた点は『バットマン ビギンズ』、高層ビル群が逆さになっていく……といった脅威の映像は『インセプション』的といえるだろう。

 撮影は先日ニューヨークで終わったばかりで、メガホンを取ったのは『NY心霊捜査官』『フッテージ』などのホラー作品で知られるスコット・デリクソン監督。ベネディクト、ティルダに加え、キウェテル・イジョフォーマッツ・ミケルセンレイチェル・マクアダムスなどが出演する。マーベルの社長ケヴィン・ファイギは、同作を3Dで公開する予定で、ドクター・ストレンジの独特な精神世界が描かれるだけに3Dで観るべき作品になるはずとColliderに語っていた。日本公開は今年12月の予定だ。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]