オスカー女優ティルダ・スウィントンを直撃、ほとんどしゃべらないロックスター役とは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ティルダ・スウィントン

 映画『フィクサー』で第80回アカデミー賞助演女優賞を受賞した演技派ティルダ・スウィントンが、新作『ア・ビガー・スプラッシュ(原題) / A Bigger Splash』について、4月21日(現地時間)にニューヨークのパーク・ハイアット・ホテルで行われた取材で語った。

【動画】『少年は残酷な弓を射る』

 本作は、ロックスターのマリアンヌ(ティルダ)が、フィルムメイカーの恋人ポール(マティアス・スーナールツ)とイタリアの避暑地でバカンスをとっていたところ、マリアンヌのかつての恋人で音楽プロデューサーのハリー(レイフ・ファインズ)が、セクシーな娘ペネロペ(ダコタ・ジョンソン)を連れて押しかけてきたことから、内に秘めていた過去の感情がもつれ始め、思いがけない事態を招くというもの。アラン・ドロン主演作『太陽が知っている』を、『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ監督が新解釈している。

[PR]

 イタリアのパンテッレリーア島での撮影について「イタリアではあるけれど、アフリカ大陸に近いわ。2方向から常時風が吹いていて、ヘアメイク担当者は大変だった。島自体がどこか大きな船に乗っているような感覚だった。ルカはこの火山島の上で、(キャラクターの)鼓動を感じられるような演出をして、ジャック・ドレー監督が南フランスで手掛けたオリジナル作品とは異なった解釈をしたの」と説明した。

 マリアンヌは声帯の手術を受け、できる限りしゃべらない設定だ。「人のコミュニケーションに興味はあるものの、コミュニケーションがいかに難しいか理解しているわたしは、(このような役を通して)苦しい試練に挑戦してみたの。個人的には、人が簡単にコミュニケーションを取れるよりも、むしろなかなか取れなくて苦悩している方が好きで、わたし自身も(言葉を発さないことで生まれる)マリアンヌの混乱や誤解などを表現してみたかった。ただ、マリアンヌは無理したらしゃべれるけれど、突然現れたハリーとはあまりしゃべりたがらず、ある意味、声帯の手術を言い訳にしてしゃべらないの」と明かした。

 レイフが演じたハリーについて「彼はとても難しい人物よ。レイフはそんな役を見事に務めた。ハリーはサディストで、トラブルメイカー、悪夢でもあるけれど、彼は一度マリアンヌと別れたことで、今でもその失恋を引きずって自分の道も見失っていて、今はある意味自分を再起動させるための道を探しているの」と述べた。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]