児童への性的虐待がハリウッドで…イライジャ・ウッド語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子役からキャリアをスタートしたイライジャ・ウッド - Larry Busacca / Getty Images

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られる俳優のイライジャ・ウッドが、ハリウッドにおいて権力者による小児への性的虐待が行われていることについて口を開いた。

【動画】キッズゾンビに襲われるイライジャ

 イライジャは、イギリスの人気司会者ジミー・サビルに児童性的虐待疑惑が持ち上がったのが2011年の彼の死後であったように、映画業界で絶大な影響力を誇る人々が関与している児童虐待事件は歴史的に隠蔽されてきたことを指摘する。

[PR]

 サビルは長いキャリアの間、何百人もの児童に性的暴行を加え、名声と影響力を持ってしてその事実をもみ消していたことが明らかになるまで、イギリスでは人気のエンターテイナーだった。「サビルの活躍を見て育ってきた人たちにとって、その疑惑は衝撃だったに違いないよ」。

 イライジャは、サンデータイムズ紙に「明らかにハリウッドでも大きなことが起きていた。組織化されてね。この業界には自分のことしか考えない腹黒い大人がたくさんいる。明らかにされていない暗部があって……想像できるのであれば、恐らくそういうことがあったということだ」と語った。

 さらに、被害者たちはハリウッドというきらびやかな世界で助けを求めて声を上げることができない状況にあると付け加えた。一方で、イライジャ自身は子役からキャリアをスタートさせ、長きにわたってこの業界にいるものの、そうした被害にあわなかったことについて、自らの母親にとても感謝しているのだという。「彼女は僕が良いキャリアを積むこと以上に、良い人間になることに力を注いで育ててくれたんだ」。

 イライジャの主張は、ハリウッドでは児童虐待がはびこっているとする、『スタンド・バイ・ミー』などの俳優コリー・フェルドマンが自伝「Coreyography: A Memoir」に記したものと共鳴する。『グーニーズ』『グレムリン』など人気作で活躍する子役だったコリーも、「ハリウッドで一番の問題は、今も昔も、そしてこれからもずっと、子供への性的虐待だ」とつづっている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]