レイア姫、犬食べまくる祭りに抗議!中国大使館前で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロンドンの中国大使館前で抗議運動を行ったキャリー・フィッシャー(左から2番目) - Neil P. Mockford / Getty Images

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーが中国で行われている「ユーリン犬肉祭り」を批判し、ロンドンにある中国大使館の前で抗議運動を行った。The Sun が報じた。

【画像】若かりし日のレイア姫

 「ユーリン犬肉祭り」は、毎年中国のユーリン市(玉林市)で6月に行われている犬肉を食べる祭り。期間中に食肉処理される犬は何千匹にも上る。長年続く伝統行事となっているが、やり方が残虐かつその中には盗まれた飼い犬も多いとして、動物愛護団体は抗議の声を上げていた。

 愛犬であるフレンチブルドッグのゲイリーと共に中国大使館前での抗議運動に加わったキャリーは「この祭りは野蛮です。なぜ彼らはかわいそうな犬たちにひどいことをするのでしょうか」と祭りを批判。「ゲイリーはわたしの親友で、彼のような犬が誘拐され、たたき殺され、食べられているのかと思うとぞっとします。今朝、この祭りについてゲイリーに教えたのですが、彼は嫌悪感を持っていて、それから何もしゃべりません。これは文化の問題ではなく、人間性の問題なのです」と続けていた。(朝倉健人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]