ハリウッド実写版「DEATH NOTE」今月末より撮影スタート!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
画像は「DEATH NOTE」に登場する死神リュークにふんしたアメリカのコスプレイヤー - Daniel Boczarski / Getty Images

 ハリウッド実写映画版「DEATH NOTE」は今月29日からカナダ・バンクーバーで撮影されることが明らかになった。

【動画】こちらは日本版!『デスノート Light up the NEW world』特報

 カナダ監督協会によると、撮影は同所で8月30日まで行われるとのこと。同作はもともと米ワーナー・ブラザースが手掛ける予定だったが、今年4月頃に手放そうとしていると報じられ、その後Netflixが獲得していた。映画『サプライズ』や『V/H/S シンドローム』などで知られるホラー界の新鋭アダム・ウィンガードがメガホンを取り、4,000万ドル(約44億円)の製作費をかけてR指定で製作される。

[PR]

 「DEATH NOTE」は、日本でも実写映画化・ドラマ化・アニメ化されている大場つぐみ原作・小畑健作画の人気少年漫画。ハリウッド版では、『きっと、星のせいじゃない。』のナット・ウルフ、ドラマ「LEFTOVERS/残された世界」のマーガレット・クォーリー、『ストレイト・アウタ・コンプトン』のキース・スタンフィールドらがキャスティングされている。

 なお、「DEATH NOTE」の新たな映画化は日本でも進められており、2006年に公開された『DEATH NOTE デスノート』の続編として、東出昌大主演の『デスノート Light up the NEW world』が10月29日より公開される。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]