サム・メンデス、批評家の評価が高いコミックを映画化か

監督交渉中だというサム・メンデス
監督交渉中だというサム・メンデス - Rune Hellestad - Corbis / Corbis via Getty Images

 映画『アメリカン・ビューティー』『007 スペクター』などのサム・メンデス監督が、エミール・フェリスのコミック「マイ・フェイヴァリット・シング・イズ・モンスターズ(原題) / My Favorite Thing Is Monsters」の映画化作品で監督交渉に入ったとDeadlineが報じた。

サム・メンデス監督作『007 スペクター』【写真】

 本作は米ソニー・ピクチャーズが同コミックの映画化権を獲得したばかりで、取引成立間近の作品。『ザ・コール [緊急通報指令室]』のブラッドリー・ギャロマイケル・A・ヘルファントが製作を務める予定のようだ。

[PR]

 コミックのストーリーは、1960年代のシカゴを舞台に、10歳の少女カレンが、上の階に住むホロコーストの生存者である女性アンカが殺害された事件を解決しようとするもの。カレンが調査していくうちに、謎に包まれたアンカのナチスドイツでの生活が明らかになっていく。個性的な作品として批評家から高い評価を受けていたコミックだ。

 もしメンデスに決まれば、彼の手腕でどのように映画化されるか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]