謎の少女はあのキャラ!?『猿の惑星:聖戦記』10月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シーザーの後ろにいるのは…? - (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)シリーズの最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月に日本公開されることが決定。併せてシーザーと謎めいた少女が写し出されたポスタービジュアルが公開された。

【写真】オリジナル版に登場したノバ

 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)では、猿のシーザーが人類同等の知能を持ち、コミュニケーションツールとしての言語を持つまでが描かれ、続く『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)では、高度な知能を獲得したシーザーが仲間を率いて、人類への反乱を起こしてから10年後の世界が描かれた。

[PR]

 待望のシリーズ3作目となる『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』では、地球の支配者としての生き残りを懸けた猿と人間、二つの種の戦いはかつてないほどに激しさを増し、シーザーはリーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心のはざまで葛藤する。

 今回公開されたポスタービジュアルには、強い決意の表情をしたシーザーの背後に新たに登場する謎めいた少女ノバが描かれ、「そして、猿の惑星になる。」というキャッチコピーが。シーザーとノバは対峙しているのではなく、ノバがシーザーの背中に隠れているようにも見える。

 シーザーを演じるのはもちろん、前2作に引き続きパフォーマンスキャプチャーの第一人者アンディ・サーキス。そのほか『グランド・イリュージョン』『ゾンビランド』などのウディ・ハレルソンらが出演し、前作に続いて『クローバーフィールド/HAKAISHA』『モールス』のマット・リーヴス監督がメガホンを取る。

 ノバといえばオリジナル版にも同じ名前の女性キャラクターが登場しており、今作に出てくるのはそのノバと同一キャラクターだともいわれている。果たして、ノバとシーザーの関係は? まだまだストーリーは、謎のベールに包まれている。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]