カンヌで受賞 河瀬直美監督作『光』劇中映画が同時上映へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇中短編『その砂の行方』の全編が、『光』と併映へ - (C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

 第70回カンヌ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞した河瀬直美監督の映画『』(公開中)の劇中で流れる短編映画『その砂の行方』が、本編の『光』と同時上映されることが決定した。

【映像】『光』は弱視のカメラマンと映画の音声ガイドを制作する女性の物語 予告編

 脚本から撮影に至るまで河瀬監督をはじめ、本編と同じチームが手掛けた短編映画『その砂の行方』は、認知症を発症した妻と彼女と2人で家に留まることに執着する男の物語。本編『光』では、藤竜也演じる北林が主演と監督を兼任し撮影したという設定で一部が使用されているが、同時上映時には16分にわたる全編が公開される。

 『その砂の行方』はシアター・イメージフォーラムにて、 6月30日、7月1日に上映。その後の上映スケジュールは公式サイトにて随時告知されるという。なお公開初日には、藤らを迎えたトークイベントの実施も予定している。(編集部・井本早紀)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]