ゆりやんレトリィバァ、得意の英語で犬の通訳に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゆりやんレトリィバァ&ゼウスくん

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが17日、都内スタジオで行われた映画『僕のワンダフル・ライフ』宣伝ワンバサダー就任会見イベントに来場、得意の英語で犬の通訳をしてみせた。

【画像】ヤバい…いろんなものを振り切った表情を見せたゆりやん

 W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』のラッセ・ハルストレム監督が映画化した本作。少年のイーサンに命を救われたゴールデンレトリバーのベイリーが、彼に会いたい一心で何度も生まれ変わり、イーサンに会いに行こうと奮闘するさまを描いた感動作だ。

[PR]

 そんなけなげでかわいい犬を主人公にした映画の全世界配給を担当するユニバーサル・ピクチャーズが、日本キャンペーンにおける宣伝アン(ワン)バサダーに指名したのは、昨年のAmazonプライムの心温まるCMで人気者となったゴールデンレトリバーのゼウスくん、5歳。そしてその通訳・アシスタントとして、英語が堪能なゆりやんも来場。ゴールデンレトリバーのモフモフコスチュームに身を包んだゆりやんは、「もちろんレトリィバァなので、普段は人間の姿をしていますけど、これが本来の姿です。初めて(芸名を)レトリィバァにして良かったなと思いました」と笑顔を見せた。

ボールを取り合うゼウスくんとゆりやんレトリィバァ

 「(同じ犬同士)言葉はいらないんですよ」というゆりやんは、「ゼウスくんがおっしゃるには、(ワンバサダー就任は)身がひきしまる思い。映画のすばらしさをお伝えして、必ず映画館で観ていただきたいと思います。涙なしでは観られない映画で、心も洗われますし、昨日はお風呂に入ったので、身体も洗われました」とゼウスくんの思いを通訳しつつも、さらに「二人でハリウッドに行けたら……ってこれはわたしの意見なんですけどね。調子乗っちゃって!」と持ちネタのギャグで締めくくった。

 その後はゼウスくんとボールキャッチ対決を行うなど、身も心も犬になりきったゆりやん。しかしゼウスくんには勝つことができずに「ゼウスくんにはかなわないですね」とすっかりその魅力に参っていた様子だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『僕のワンダフル・ライフ』は9月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]