NGでもかわいい有村架純 『関ヶ原』監督もウフフフフ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画ではこんなに真剣な表情をみせているシーンですが…… - (C) 2017「関ヶ原」製作委員会

 現在最も活躍している女優の一人、有村架純はなぜここまで愛されているのか。その理由の一端がうかがえる彼女の様子が映画『関ヶ原』メイキング映像内で披露された。

【映像】走りすぎちゃう、草履脱げちゃう有村架純がかわいい…メイキング

 今月26日より公開される映画『関ヶ原』で有村が演じているのは、天下分け目の関ヶ原の戦いに挑む主人公・石田三成(岡田准一)の侍女となる忍び・初芽。劇中では自らを女ではなく“犬”と称し、冷徹な表情で任務をこなしていく姿が印象的な立ち回りが見られるが、今回のメイキング映像では素の有村の表情が見える場面が。

[PR]

 その撮影シーンは、石田三成のある行動に怒った加藤清正が伏見の通りをいきりたって駆け抜けていく中で、その異変に気付いた初芽がそのあとを追うというもの。だが途中で初芽は何かを思い出し引き返す……という流れになるのだが、有村は走ることに夢中になってしまったのか決められた位置で止まらずにそのまま爆走。

 原田眞人監督から「初芽、止まるのここだよ?」と指摘されると、有村は恥ずかしそうに顔をおさえながら笑顔で監督のもとへ。「そんな走る必要ないのに(笑)」と言われると、「行き過ぎちゃった、すいません」と照れ笑いを浮かべ、撮影スタッフも一気に和やかムードに。「走りっぷりは良かった」と褒める監督と顔を見合わせて「フフフ」と笑いつつも、あらためて演技の確認をして再撮影に臨む。

 そして引き返すシーンの撮影では、カットがかかると来た道をテクテクと戻る有村。今度は、必死に走るあまり草履が脱げるハプニングに見舞われたよう。自分の草履を発見するも、ちゃんと履けていないのか終始ず、ず、ず……と草履を引きずって歩き、はにかみ笑いを浮かべる姿はまさにキュート。スタッフも「草履どこでぬげちゃったの?」と親戚のおじさんのような優しい声掛けをしており、いちいち愛らしい有村の姿に現場では笑い声が響いていた。

 だが監督との映像チェックでモニターを見る有村は、打って変わって真剣なまなざし。現場のスタッフも明るくなる愛嬌たっぷりのしぐさを見せる一方で、スイッチが切り替わるとストイックさを感じさせる女優の顔を見せる彼女のギャップが、さまざまな人の心をとらえて離さないのかもしれない。(編集部・井本早紀)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]