夏帆&染谷将太、同じ理由で黒沢清監督を絶賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
黒沢清監督が「大好き!」な染谷将太&夏帆

 長澤まさみ主演の映画『散歩する侵略者』(上映中)のスピンオフとして製作された連続ドラマ「予兆 散歩する侵略者」の完成披露試写会が都内で行われ、夏帆染谷将太黒沢清監督が出席。スピーディーで知られる黒沢組の撮影現場や、間を絶妙に使った“侵略者”役・東出昌大登場シーンの裏側を語った。

【写真】夏帆&染谷将太、大好きな監督と白熱のトーク!

 本作は黒沢監督が劇団「イキウメ」の舞台を映画化した『散歩する侵略者』のスピンオフドラマ。黒沢監督自身が「贖罪」以来約5年ぶりにWOWOWドラマで演出を手掛け、とある夫婦(夏帆&染谷)と周囲の人々が、新任の外科医として街にやってきた“侵略者”(東出)に生活がおびやかされていく様子を描く。

[PR]

 黒沢監督やプロデューサーが映画だけで終わらせるのはもったいないと取り掛かったそうで、黒沢監督は「(映画の舞台となった町の)隣町では、同じ時間に同じ時間軸で一体何が起きていたか? という発想でもう一本何か作れないか? とトントントンとできたのが『予兆』でした」と説明。そんな黒沢組に初参加となった夏帆が「ずっと黒沢組に憧れていて、参加するのが一つの目標でした」と笑顔を見せると、2013年の映画『リアル~完全なる首長竜の日~』でも黒沢監督と組んでいる染谷も「楽しかったです」としみじみとした口調で振り返った。

 黒沢監督と言えばスピーディーな進行の現場でも知られているが、本作の撮影はわずか3週間。しかしながら撮影が夜の12時を越えることがなかったそうで、染谷が「最高でした。晩飯を家で食べられるという、なかなかそういう現場ないですからね」と普通の生活ができた喜びを振り返ると、黒沢監督が「社会人として当たり前だと思います。これが普通だと思います」と突っ込んで笑いが起きる一幕も。夏帆も「毎日家でご飯が食べられる、こんな現場があるんだとびっくりしました」と同調していた。

 さらに、撮影現場のエピソードでは悦子(夏帆)&辰雄(染谷)が住む部屋で、印象的な動きを見せるカーテンの“演技”についてもトークが展開。実際にある建物を使用し、特に5話では黒沢監督いわく「カーテンが奇跡的な芝居をしてくれた」そうで、「スタジオの中のセットだとこうはいかないです。扇風機で吹かす事はできるけど、そうすると決めた通りにしかならない。それが、今回は自然の風が誰も予想しない形で芝居を邪魔したり助けたり、カメラと俳優の間に割り込んだり、即興的にカーテンが参加してくれて、映画を撮っている実感がある瞬間でした」と満足そうに話した。

[PR]

 また、1話で東出演じる“侵略者”が、病院内で自然に開いた自動ドアからわずか間を置いて登場するシーンについても言及。数秒の間がぐっと不気味さを引き立てており、MCから時間の演出について聞かれると黒沢監督は「東出さんに『10秒待って来てください』とお願いしました。なので、あそこは東出さん(にとって)の10秒です。俳優によってはものすごく10秒が長い人もいれば、3秒くらいで10秒を数える人とかいろいろいますが、僕の思う10秒とほぼ同じでした。あまり長いと7秒にしたり、短いと15秒にしてもらったりするんですけど」と明かしていた。(取材・文:中村好伸)

映画『散歩する侵略者』スピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」(全5話)はWOWOWメンバーズオンデマンドで先行配信中、9月18日よりWOWOWプライムにて放送スタート(毎週月曜深夜0時~)※第1話無料放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]