『ジャスティス・リーグ』はダークにならない!ワンダーウーマン女優が明言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『ジャスティス・リーグ』はダークにならない! - (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 バットマンやワンダーウーマンなどDCコミックスのヒーローが集結する映画『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)について、ワンダーウーマン役で大ブレイクした女優のガル・ガドットが、これまでのDC映画とは違って「ダークにもヘヴィーにもならない」と語った。Empireが報じている。

『ジャスティス・リーグ』個性派ヒーロー紹介!【動画】

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の戦いでスーパーマンを失った地球を舞台に、バットマンの集めた特殊なパワーを持つヒーローたちが、ドリームチーム“ジャスティス・リーグ”として、迫りくる新たな脅威に立ち向かうさまを描くアクション大作。

[PR]

 DCコミックス原作の作品群「DCエクステンデッド・ユニバース」といえば、ダークな世界観で知られているが、ガルが美女戦士にふんした『ワンダーウーマン』の大成功を受けてか、路線変更をするようだ。同メディアのインタビューで、ガルは「『ジャスティス・リーグ』はダークにもヘヴィーにもならないわ。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のような重さはないの」と明言。

 バットマン役のベン・アフレックも「これまでのキャリアで携わってきたどの映画よりも、大規模なものになっているよ。視覚的要素については圧倒的だよ。ザック(・スナイダー監督)がとても得意としていることだ。称賛されることだろう」と期待をあおるコメントを残した。

 本作では、『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を手掛け、DC映画の中心を担ってきたザック・スナイダーがメガホンを取るも、娘の自殺を受けて、今年5月に降板。マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズの監督にして、本作の共同脚本を担当していたジョス・ウェドンが、急きょその後任を務めていた。監督クレジットはスナイダーのままになるそうだが、ライバルのマーベル映画を盛り上げてきたウェドンがどのようにDC映画の本作を仕上げるかは、アメコミ映画ファンの間でも注目されている。これまで興行成績に対し、評判が今ひとつであったDC映画が、ダークさを取り払った『ジャスティス・リーグ』でどのような結果を残すのか。(編集部・石神恵美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]