グルメ漫画「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」青柳翔主演で連ドラ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
青柳翔が食べ方に執着する主人公に - (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

 おおひなたごうの漫画「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)が、劇団EXILE青柳翔主演で連続ドラマ化、11月よりMBS・TBSの深夜枠で放送されることが決定した。本作はタイトルの通り食べ方をテーマに、それが原因で大ゲンカをするカップルと周囲の人々を描くヒューマンドラマ。青柳は料理の食べ方に人一倍こだわりを持つ主人公・二郎にふんする。

【写真】ドラマ版「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」キャスト

 カレーのルーをどうかける? 納豆ごはんの正しい食べ方は? 焼き鳥は串から外す? スパゲッティにスプーンを使う? 焼肉に白飯はアリかナシか……? 二郎(通称:ジロちゃん)と恋人のみふゆは、食べ方を巡って度々衝突しながら、自分のこだわりを相手にぶつけ、互いを理解し合うことで徐々に距離を埋めていく……。

[PR]

 主人公・二郎を演じる青柳は原作を読んだ際、「基本、一人で家で笑うことってないんですけど、この原作を読んで爆笑した」という。また“食”をテーマにした作品への出演に、「食べるという事だけではなく、何事にもウザいくらいに純粋で暑苦しくて真っ直ぐな二郎というキャラクターをとにかく真剣に演じたい。それが結果的に、なんだか憎めなくて魅力的な二郎のキャラクターに何気に笑ってしまう瞬間に繋がれば」と意気込みを語っている。

原作イラスト (c)OHINATA Go

 女性若手漫才コンビ「魑魅魍魎」として活動する二郎の恋人みふゆを成海璃子、原作ではアフロヘアにサングラス姿で、二郎の職場の上司であり食べ方の師となる近藤を佐藤二朗が演じるほか、大谷亮平八木将康武田玲奈遠藤史也保紫萌香平沼紀久山下真司(特別出演)の出演が決定。監督を『地獄甲子園』(2002)、『珍遊記』(2016)などの山口雄大、脚本を『ゴールデンスランバー』(2009※共同脚本)、『殿、利息でござる!』(2016)などの鈴木謙一が担当する。

 なお放送に先駆けて第0話、放送終了後にドラマのその後を描く続編となる第5話~第7話が映像配信サービスGYAO!で無料配信される。(編集部・石井百合子)

連続ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」は11月5日よりMBSにて(毎週日曜深夜0時50分~)、11月7日よりTBSにて(毎週火曜深夜1時28分~)、11月8日よりBS12トゥエルビにて(毎週水曜深夜1時56分~)スタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]