安藤サクラ×蒼井優×満島ひかり×宮崎あおい“85年組”が勢ぞろい!美しすぎる4ショット

第30回東京国際映画祭

それぞれの個性が光る装い
それぞれの個性が光る装い

 第30回東京国際映画祭のオープニングイベントが25日、六本木ヒルズで開催され、Japan Now 部門女優特集「Japan Now 銀幕のミューズたち」で特集される安藤サクラ蒼井優満島ひかり宮崎あおいら豪華女優陣が、そろってレッドカーペットに登場した。

【ほか写真】4人それぞれの個性が光る装い

 安藤がエレガントな黒いドレス、蒼井が白い着物、満島がきらびやかなレッドドレス、宮崎がカラフルでありながら深みある色合いのドレスと、それぞれ個性豊かな装いを披露。蒼井が「(19)85年組、こうして4人そろうことができてうれしいです。みんな楽しみましょう」と語れば、安藤も「このメンバーでここに立てて、とっても楽しいです。みんな厄年なのですが、お祭り騒ぎでわいわいと楽しんで、厄をふっ飛ばしてやろうと思っています」と続け、会場の笑いを誘う。

[PR]

 特集上映では過去作も上映されることから、司会者にあらためて自分の成長を感じるかと尋ねられた宮崎は、「成長したと感じたことはないのですが、できることが増えたぶん、できないことも同じぐらい増えている気がするので、これからもこつこつと好きなことに触れていきたいです」とコメント。また蒼井は、今後の抱負として「変な役が続いているので、静かな、しゃべらないような役もやりたいですね」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

 特集では、同世代でありながら別々の個性を持ち、その魅力で日本映画シーンを牽引する4人の最新作やターニングポイントとなった作品などを上映。蜷川実花が撮影した、4人のスペシャルビジュアルも話題を呼んでいる。

 今年の東京国際映画祭では、オープニング作品に人気漫画の実写化作品『鋼の錬金術師』、クロージング作品に環境問題が題材のドキュメンタリー『不都合な真実2:放置された地球』を選出。コンペティション部門の審査委員長はトミー・リー・ジョーンズが務め、88の国と地域から1,538本の応募があり、そこから厳選された15本が上映され、最高賞となる東京グランプリを決定する。(編集部・入倉功一)

第30回東京国際映画祭は11月3日までTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか各会場で開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]