フラッシュ&サイボーグ俳優、DCとマーベル何が違う?ヒーロー役の現実

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
君らはちょっと仲が良すぎるエズラ・ミラーとレイ・フィッシャー

 DCコミックスのヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ』でフラッシュ役のエズラ・ミラーとサイボーグ役のレイ・フィッシャーが来日。あらためてDCヒーローの特徴を聞いた。

【画像】エズラ・ミラー&レイ・フィッシャーが日本のファンと交流!

 バットマンやワンダーウーマンの結成した超人軍団が、地球の危機に立ち向かう本作。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『マン・オブ・スティール』などDC映画の中心を担ってきたザック・スナイダー監督が撮影を進めていたが、娘の死去を理由に、完成を目前にして降板。『アベンジャーズ』シリーズのジョス・ウェドン監督が後を継いで完成させた。

[PR]

 くしくもDCとマーベルの中心を担った監督と仕事をすることになった2人だが、双方の違いはどこにあるのか。「違いについては、原作のコミックから見出す必要があると思う。DCもマーベルも、原作のトーンやスタイルは映画に反映されているからね」というレイだが、一方で「ただ、どちらの映画も原作へのアプローチは違っている」と語る。

スターらしくない、このハシャギようを見よ!

 「DCユニバース……特にザックは、ヒーローという存在をより現実的にとらえている。素晴らしい力を手に入れ、それを行使したことで、彼らにどんな結果が訪れるのか。プラスだけではなく、ネガティブな一面も見せているんだ。僕は個人的にDCヒーローに思い入れがある」と続けたレイに、エズラも「その考え、すごく好きだな。僕もそう思う」と同意。そのうえで「後から参加したジョスは、ザックが想像したビジョンを完成させるっていう一番困難な役割をこなしたんだ。ザックの不在はとても悲しかったけど、短い期間でもジョスと一緒に仕事ができたのは楽しかった」と語った。

[PR]
全身機械サイボーグの万能ぶりにも注目!(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 ちなみに、あらゆるネットに接続可能なサイボーグは機械の体がCGで表現されており、現実の撮影でレイは、たった一人モーションキャプチャー用のスーツを着ていたという。「サイボーグはどんな動きもできる最新技術のかたまりだから、むしろ助かったよ。それに彼はチームでもちょっと孤立した存在だから、僕だけスーツがないことで、その気分を味わうことができた」と苦笑すると、エズラは「暑いセットで撮影するときなんて、むしろレイが羨ましかったんだよ。一人だけパジャマみたいなスーツで居心地よさそうだなってさ!」と現実の苦労を明かしていた。(編集部・入倉功一)

映画『ジャスティス・リーグ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]