杉野遥亮、磯村勇斗の耳にフーフー!『覆面系ノイズ』仲良しキャストがわちゃわちゃ

磯村勇斗、小関裕太、中条あやみ、志尊淳、真野恵里菜、杉野遥亮
磯村勇斗、小関裕太、中条あやみ、志尊淳、真野恵里菜、杉野遥亮

 俳優の磯村勇斗が25日、都内で行われた映画『覆面系ノイズ』初日舞台あいさつに登壇し、杉野遥亮のオネエ疑惑に切り込んだ。イベントには中条あやみ志尊淳小関裕太真野恵里菜三木康一郎監督も出席した。

【ほか写真】美男美女ぞろい!『覆面系ノイズ』初日舞台あいさつの様子

 この日、今まで伝えられなかったことを告白し合うことになると、撮影現場での杉野に「女っぽいところがあった」と切り出した磯村は、劇中では杉野がオネエ言葉を使うハルヨシを演じていることもあり、「それを意識してなのか、杉野くん本人がオネエなのか、今日ここで確かめたい」と宣言。

[PR]

 「実はわたしも思っていました」(中条)、「バリバリ思っていました」(志尊)とキャスト陣の賛同を受けると、磯村は「ボディタッチが多いのと距離感が近い。それからしゃべり方がホワッとしている。さっきも僕が携帯電話をいじっていたら、耳にフーフーしてきた」と詳細を説明し、「これもうアウトじゃないですか!」と訴える。

 すると「(フーフー)しましたね」と認めつつ、「あん」となぜか悩ましげな声を発して磯村から「なんで感じたんだよ」とツッコまれた杉野。ノーマルを「ニュートラル」と言い間違えながら「普通の人です」と釈明するが、手短に話を済ませようとする姿に、磯村は「濁されてる」とぼやくと「男が好きだということで」とまとめて笑いをさらった。

 そのほか、志尊は磯村について「撮影の合間に面白いことを言ってくれていたけど、10回に8回は滑っていました」と暴露。磯村は滑り芸に味を占めていたそうで、MCからムチャぶりをされると、躊躇なく「俺の顔が覆面ノーイズ!」と歌いながら、顔の前で手をシャカシャカと振るポーズ。客席からは拍手が起こるが、磯村は「滑っている以上に冷めている人がいて怖くなってきた」とビビっていた。

[PR]

 また、中条は志尊に「お尻のニキビ治りましたか?」と質問。思いもよらない発言に「どんな暴露ですか?」と驚く志尊だが、本作のプロモーション活動でテレビ番組に出ることが多く、その際にずっと座っているために「お尻にニキビができてしまった」と照れながら報告。しかし、無事に治ったそうで、「今は正常なお尻でやらせてもらっています」と笑顔で答え、観客の笑いを誘った。

 本作は、福山リョウコの人気コミックを実写映画化した青春恋愛映画。突然姿を消した幼なじみ(小関)に思いを届けるために歌い続けるヒロイン・ニノ(中条)や、彼女の歌声にほれ込み、彼女を想って曲を書き続けるユズ(志尊)など、不器用でピュアな登場人物たちの切ない片思いを描く。

映画『覆面系ノイズ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]