市原隼人、伊藤歩と恋愛ドラマで11年ぶり共演「ちょっと恥ずかしい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新ドラマ「明日の君がもっと好き」キャスト - (C)テレビ朝日

 俳優の市原隼人が、テレビ朝日系の2018年1月クールドラマ「明日の君がもっと好き」(毎週土曜11:05~)で主演を務めることが決定した。恋愛に冷めた4人の男女を描くラブストーリーで、伊藤歩森川葵白洲迅志田未来らと共演。市原と伊藤はこれまで岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』(2001)や、『チェケラッチョ!!』(2006)などで共演しており、本作は11年ぶりの共演。13歳のころから知っているという伊藤に「初共演のとき、“すごくキレイな女性だなぁ”と思っていたので、その方とラブストーリーという形でご一緒するのはちょっと恥ずかしく、現場から逃げたいぐらいですね(笑)」とプレッシャーを覗かせている。

【写真】市原隼人&伊藤歩、16年前の共演作

 主な登場人物は、「女は面倒くさい」という造園デザイナー・松尾亮(市原)、男運がない30代女性秘書・里川茜(伊藤)、人懐っこいキャラとは裏腹な顔を持つ新社会人・城崎遥飛(白洲)、性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川)、茜の妹で姉の恋人と略奪婚した黒田梓(志田)。NHKの連続テレビ小説「君の名は」や「外科医 有森冴子」シリーズ(日本テレビ系)などのベテラン・井沢満が脚本を手掛け、視聴者の予想の“斜め上”をいく物語を展開するという。

[PR]

 市原は「僕はよく、“熱い男”のイメージがあるといわれるのですが、まったくもって熱くないです(笑)」とパブリックイメージを否定。「役者は作品によって見られ方が変わると思うので、今回、また自分の新たな一面をお見せできるのが、とても楽しみ」と意欲を見せる。主人公の趣味を聞いて2つ返事で引き受けたと言い、「僕もバイクやカメラは大好きなので、自前のものを使わせていただき、細かい動きも、しっかりと手を抜かずに作っていきたいと思っています」と意気込みを語っている。(編集部・石井百合子)

土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」は2018年1月、毎週土曜11時5分~11時59分、テレビ朝日系24局にて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]