狩野英孝、女性への不信感を告白 ボイスレコーダーのトラウマ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
狩野英孝
狩野英孝 - (C)AbemaTV

 お笑いタレントの狩野英孝が、12日に配信された「必殺!バカリズム地獄」で、飲み会に女性へのトラウマがあると告白した。

【画像】さみしすぎ…狩野英孝の一人『君の名は。』

 昨年1月に、未成年者との淫行疑惑など女性問題が相次いだことから芸能活動を謹慎し、去年の5月末から復帰した狩野。番組中、司会のバカリズムから「生活の方は、どうなんですか? もう遊べなくなっている訳でしょ?」と聞かれると、狩野のトラウマの話へ。

[PR]

 狩野は、「外食とかは普通にしていますよ。でも打ち上げで、マセキの芸人7、8人ぐらいで飲んでいたら、その中の1人が『女の子呼んで良いですか?』って言って、2人くらい女の子が来た。僕、その時、女の子がボイスレコーダーを持っているんじゃないかとか、(お店を)出た瞬間に、写真に撮られるんじゃないかとか、怖くなって、仲が良い後輩を1人連れて、先に帰りました。(もう)楽しめなくなっちゃった」と過去を引きずっている様子。

 さらにバカリズムから「じゃあ、どうするの?このままずっと永久に1人って、いう訳じゃないじゃん?」と踏み込まれると、狩野は「いや、そうですよ。結婚したら怒られるじゃないですか? 絶対。今、世間がそうなんですから。僕は孤独死で良いんです」と胸の内を明かした。

 また年末から年始にかけて実家の神社の仕事をしていたことを語った狩野に、バカリズムが「インスタとかでさ、神社で色々やっているっていう写真とかバンバンあげている。あれって、完全に好感度を、ちょっとでも上げようとしているよね?」と突っ込み。これに対して狩野は、「これ本当にマジな話なんですけど、やっぱりちょっと寂しいんですよ。年末年始、芸人さんは、1番働く日じゃないですか?(自分は)それに出られない。だから『僕も、ちゃんと頑張っているよ』っていうのをアピールしたいんです」と説明。「本当シンプルに、昔は女の子と飲んでいた時間を、(今は)先輩芸人さんに、全部費やしている。先輩とか同期と飲んでいるので、その写真だけがやたら溜まる」と述べていた。(濱島裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]