『ホテル・ルワンダ』監督が来日!日本の署名活動に感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
日本のファンを前にほほえむテリー・ジョージ監督

 アカデミー賞3部門にノミネートされた映画『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が24日、神楽座で行われた映画『THE PROMISE/君への誓い』の来日プレミアイベントに出席、日本のファンに感謝のコメントを述べた。

オスカー・アイザック、クリスチャン・ベイルら共演!映画『THE PROMISE/君への誓い』予告編

 オスカー・アイザックシャルロット・ル・ボンクリスチャン・ベイルジャン・レノらが出演する本作は、第一世界大戦中に、オスマン帝国(現在のトルコ共和国)によりおよそ150万人が殺されたアルメニア人大虐殺事件がモチーフ。悲しみの歴史に翻弄(ほんろう)されながらも、壮絶な人生を生き抜いた3人の男女の運命を描き出している。メガホンをとったのは、日本で映画ファンから劇場公開を求める署名運動がわき起こり、見事劇場公開にまでこぎつけた『ホテル・ルワンダ』のジョージ監督。「今回、日本に来られてうれしく思います。ファンやジャーナリストたちが、映画の公開を求める署名活動をしてくれたということを初めて知りました。うれしい思い出になりました」と感激の表情を見せると、「この映画も『ホテル・ルワンダ』と同じように、個人がとてつもない悪に立ち向かい、サバイバルしていく作品となります」と誇らしげに付け加えた。

[PR]

 さらに「日本にはずっと来たいと思っていたからうれしいです。すばらしい文化を持つ国ですし、日本食は昔から好きですからね」と続けたジョージ監督は、東京が大雪に見舞われた月曜に来日したことを明かす。そこで「日本はまれに見る寒波ですが」と水を向けた司会者の言葉に、「確かに大雪が降ったことには同情したいところですが、ニューヨークではマイナス10度でしたから。大したことはないですね」とちゃめっ気たっぷりにコメントし、会場を沸かせた。

サヘルもゲストとして登場!

 そしてこの日は、イラン出身の女優サヘル・ローズがゲストとして来場。アルメニアの国花であるアネモネが入った花束を手渡したローズは、「中学生の時に母と『ホテル・ルワンダ』を観ました。ああいう内戦の事実を知らなかったので、それを知ることができたのが財産でした。ですからその後もインタビューで好きな映画と聞かれたら、お世辞抜きに『ホテル・ルワンダ』だと言っているんですよ」と語るローズ。

[PR]

 さらに「この映画は100年前の物語になりますが、非常に現代性を持つ映画です。テレビではシリアから逃れる難民の現状が報道されています。まさにこの映画も現代につながるテーマとして撮っていました」と語ったジョージ監督は、「これは2018年最高のスーパーヒーロー映画だと思いますね。人々を救っていく真のヒーローを描いている映画なんです。『ホテル・ルワンダ』と同じように広がっていけばいいなと思います。もし署名活動があるならば、僕も署名しますよ」と笑顔。本作に俳優のクリスチャン・ベイルが出演していることを踏まえ、「そういえば彼は(ヒーロー映画の)バットマンをやっていましたね。でもここではリアルなヒーローをやっているんですけどね」と笑いながら付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

最新作『THE PROMISE/君への誓い』は2月3日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]