浅野忠信&Charaの娘・SUMIREがスクリーンデビュー!堂々の舞台あいさつ

初日舞台あいさつに登壇した(左から)宇賀那健一監督、若葉竜也、吉村界人、SUMIRE、斎藤工、森本のぶ
初日舞台あいさつに登壇した(左から)宇賀那健一監督、若葉竜也、吉村界人、SUMIRE、斎藤工、森本のぶ

 俳優・浅野忠信と歌手・Charaの娘であるSUMIREが27日、ユーロスペースで行われた映画『サラバ静寂』の初日舞台あいさつに、主演の吉村界人若葉竜也森本のぶ斎藤工宇賀那健一監督と共に出席した。映画初出演となるSUMIREは「たくさんの方々に観てもらえるとうれしいです」とやや緊張した面持ちで語っていた。

浅野忠信&Charaの娘・SUMIRE、スクリーンデビューに 画像ギャラリー

 本作は、「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された近未来の日本で、音楽に出会ってしまった若者たちの解放を描いたSFロードムービー。

[PR]

 SUMIREは、音楽を所持してしまった罪で父親を殺されてしまう少女・ヒカリを演じているが「いまの自分たちが失ってしまっていたものが詰まっている映画なので、この作品を観て、大切なものが気づき直せるといいなと思いました」と作品に込められたメッセージを伝えると、吉村も「ここにいる人たちは、映画が好きで、映画で表現したい一心で集まったメンバー。作品は観ていただいてはじめて価値が生まれるので、ここからがんばっていきたいです」と感無量な表情を浮かべていた。

 また、音楽を心から憎んでいる警察・杉村役の斎藤は「このプロジェクトは、宇賀那監督の思いから始まり、現場はほとばしるようなエネルギーが宿っていました。こうした場所に立ちあえてよかったです」と笑顔を見せると、宇賀那監督は「音楽が禁止された世界で音楽をやろうとする若者の話ですが、いま映画自体も恵まれていない環境にあるのかもしれません。そんななか、映画を盛り上げようと思って作りました」と思いを述べると「小さな映画ではありますが、劇場で観てもらえるように作りました。いろいろなこだわりが詰まっていますので、ぜひみなさんの力を貸してください」と客席に呼びかけていた。(磯部正和)

映画『サラバ静寂』はユーロスペースにて公開中、全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]